>

割高?サービスの料金

サービスが無くなる?

ネットスーパーは、配達時間には家にいる必要があるため、好きに外出することができない点がネックです。
お店によっては、専用の入れ物を借りてそこに置いておいてもらうこともできますが、できれば直接受け取りたいと思う人も多いのではないでしょうか。
そのため、ちょっとした買い物であれば、やはり近くのスーパーに買い物に出かけたり、やっぱり実店舗を利用することもあります。
採算が合わなくなれば、企業としては当然見直さなければいけなくなります。
ネットスーパーの利用者が少なくなってしまうと、サービス自体が無くなってしまうこともあります、
慈善事業ではなく、あくまで利益が出るからやっているのであって、無くなってしまった場合、不便になってしまう人の事を考えておきたいものです。

料金がネックなことも

ネットスーパーにつきものの配達料や手数料は、買ったものを持ってきてもらう手間賃になります。
大手スーパーだと300円台ですが、一定額以上購入すれば無料になることもあります。
これが結構大きなポイントです。
本当に必要なものだけで一定額を超えれば問題なのですが、足りない場合は買わなくてもいいものまでかごに入れてしまいます。
300円そのまま払うくらいなら、何か買ってしまおうという気持ちが出てくるためです。
節約を心掛けている人が多い中で、これが繰り返されるとやはり無駄ですし、無駄遣いしているように感じてしまいます。
ネットスーパーが割高に感じる人は、この辺りが理由になるのではないでしょうか。
荷物が多くなる時や買い物に行く時間がないときなど、ネットスーパーを利用する時の条件をあらかじめ決めておくといいかもしれません。


この記事をシェアする